心と身体の両面から疲労のケア

心と身体の両面から疲労のケア をしなければ疲れ目は解消しません。心と身体の両面から疲労のケア 疲れ目の解消には休憩が非常に大きい効果を発揮する場合があります。

心身ともに休ませることが何よりの早期回復につながります。目薬をさしたからといってすぐに治るわけではないので、もっと生活全般を見直すことが大切です。

疲れ目を解消する場合、日常生活の部分のウェイトがかなり占めていることを忘れてはいけません。

心と身体の両面から疲労のケア

心と身体の両面から疲労のケア

目の疲労を防ぐケア 心と身体の両面から疲労のケア

うっとおしい目の疲労感や不快な症状を 1 日でも早く解消するためには、 「 正しい疲労のケア 」 を行うことにあります。
疲れ目を目の疲労だけだと考えないことは第一歩でもあります。

全身の疲れ、精神的ストレスも目の疲労と大きく関係しています。その場しのぎの疲れ目解消法に頼ってやり過ごすのではなく、身体を十分に休めることやリラックスするといったことを考えなくてはなりません。

休憩ヘタはダメ!

仕事優先のまじめな気質はどうしても「休憩ヘタ」になります。目の健康を取り戻すには、仕事優先の考え方、生活リズムをあらためなくてはいけません。心身をリラックスさせるストレス解消法を見つけることも疲れ目解消には重要です。

当然、睡眠が大切になってきますが、睡眠とは意識を消して筋肉の緊張を解き、疲労回復や組織の修復を行うメンテナンスタイムですので7~8時間の十分な睡眠が大切です。

生真面目すぎるのは自分を苦しめる

「生真面目」と思われるタイプとはどのようなタイプでしょうか?自分の中にあるこだわりが強く、それを曲げることに不快感を覚えて極端に嫌います。
とにかくドがつくほどの真面目なので、一度決めたことはどんなに困難でもやり抜くという気概がある人も多いです。
応用が利かない性格のため、必然的に生活は規則正しくなります。
休憩ヘタ には生真面目タイプが多いので自分の仕事ぶりや性格を少し見直してみましょう。

めぐリズム を貼るための休憩時間を作って疲れ目を遠ざけましょう。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください