視力の低下が目の負担を増大させる

日本時には比較的多い近視をはじめ、遠視や乱視は目を疲労させます。見えにくいなぁ~と感じたら放置しないことが大切

近視・遠視・乱視の人は疲れ目に注意

近視や遠視・乱視を総称して「屈折異常」といいますが、屈折異常もがんこな疲れ目の原因となります。
屈折異常が原因で起こる疲れ目の場合にもほかのケースと同様、肩凝り、頭痛、全身の倦怠感などを引き起こします。
屈折異常の初期段階では、視力が悪くなってきていることに気づかないという問題点があります。また、物がかすんだり、ぼやけたり、焦点が合わないといった疲れ目の症状と、視力の低下を混同してしまう場合もあります。
度が合わなくなっていながら、メガネやコンタクトレンズを使い続けている人も多いのが現状ですが、まだ見える、検査に行く時間がない、などの理由をいいわけにしているようです。自覚するほどの症状を感じたらすぐに眼科医を受診するのが基本です。

視力が低下するとなぜ疲れるのか?

簡単に言うと、目は屈折異常を矯正しようとオーバーワークになってしまうからです。正しい視力を持った目は、目に入ってきた光情報を、網膜上にぴったりピントを合わせて正しく集めることが出来ます。このとき、毛様体筋の助けをかりて見る物の距離に応じ、水晶体の厚さを調節しています。
しかし、近視の場合は、ピントの合う場所が網膜より手前にあり、また遠視の場合はこれとは逆にピントの合う場所が網膜よりも遠くにあります。
いずれも、そのままの状態で物を見てもぼやけた状態になってしまうため、少しでもピントを合わせようと毛様体筋を余計に機能させます。この状態にさらに乱視が加わると毛様体筋をいくら使ってもピントを合わせることができないため負担はさらに増えます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください