目の不快な症状を断ち切る 生活習慣自己診断

目の不快な症状を断ち切る 方法を紹介します。どのタイプの視力の減退でも、疲労のケアを怠り放置しておけば、視力が悪化するだけでなく、全身の疲労や精神的ストレスを増やし、病気の発見を遅らせるなど、様々な弊害をもたらします。

視力の減退を放置すると視力は低下し続ける 目の不快な症状を断ち切る

目の不快な症状を断ち切る  生活習慣自己診断

目の不快な症状を断ち切る 生活習慣自己診断

どのタイプの視力の減退でも、疲労のケアを怠り放置しておけば、視力が悪化するだけでなく、全身の疲労や精神的ストレスを増やし、病気の発見を遅らせるなど、様々な弊害をもたらします。

しかも、視力の減退がたらした弊害があらに視力を悪化させるという悪循環を引き起こします。この悪循環を防ぐためにも「ちょっと視力が悪くなったな」と気づいたら適切な対策が必要です。

目の負担を増やす生活をしていませんか?(生活習慣チェック表)

目のトラブル 視力低下については、普段見えていればOK と思っている人がほとんどです。特に目立った症状がなければ気にしないかもしれませんが、それでは症状がでてきたときに対処しても時間がかかったり対処しきれないことがあります。目の疲れは ドライアイ 同様に生活スタイル、ワークスタイルが大きく影響します。自分の生活習慣が該当するものが多ければ目を労る生活に切り替えなければいけません。

テレビやパソコン、スマホなど長時間、目を使う機器があふれる現代、目の負担は昔に比べ、劇的に増えました。
その影響による疲れ目、ドライアイなどは、若い世代に限られた話ではありません。また、 アレルギー を抱える人が増え、その影響で目にもトラブルが起きやすくなっているのです。

  • オフィスでほぼ 1 日中パソコンと向き合っている
  • 最近、近くのものが見えにくくなった
  • 夜遅くまでテレビを見たりパソコンを使用したりしている
  • 目が乾燥しがちで年中目薬をさしている
  • 視力が急激に低下した
  • 近くのものを見ていて遠くの物を見るとぼやける
  • 長時間運転すると目に痛みを感じる
  • 読書が好きで通勤電車内では本を読んでいることが多い
  • 十分な睡眠をとってもすっきり目覚められない
  • 強い光をみる環境にいる

YES 7 個以上 目の負担大
YES 4 ~ 6個 注意が必要
YES 3 個以下 心配なし

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください