ストレスが目の負担を増大させる

ストレスと疲れ目は相互にリンクしています。ストレスが過剰になると疲れ目になり目が疲れるとイライラします

目の疲れと心身の疲れ

目を酷使する現代社会にも書かれているとおり、眼精疲労は、目と精神の健康状態が密接に関わりあっています。
しかし、目と精神的な問題が関係するのは、重症化した眼精疲労だけではありません。この段階に至らなくても、この2つは相互的に関わっています。
目が疲れてくると、イライラしたり起こりっぽくなることを自覚している人は少なくありません。疲労感により見えづらくなっている状況は、集中力が低下したり、ふだんより精神的に緊張してしまうのです。これといって具体的な原因が見つからないのにイライラする場合は、疲れ目と結びつけて考え、対策を講じるとよいかもしれません。

ストレスによる疲れ目が直接、生命に関わることはありませんが、ストレスから体の機能に異常をきたし、やがて治療が必要な生活習慣病などの病気を引き起こす可能性は十分に考えられます。
ストレスと疲れ目の悪循環に生活習慣病が加わり、さらに悪のスパイラルへと進んでしまうケースです。
疲れ目を訴える人が増加していることと、生活習慣病予備軍が増加していることは、無視できない状況になっています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください