疲れ目の症状は十人十色

一言で「疲れ目」と言いますが、症状は、「目」そのものへの影響から全身に及ぶものまで様々です。

目に現れる症状

疲れ目の具体的な症状を例にあげてみます。

  1. 見え方の異常
  2. 最も多い症状が見え方の異常です。たとえば、長時間細かい作業をし続けたあとに物がかすんで見えたり、近いところから遠くに視線を移したときに、しばらく焦点が合わずにぼけてしまう症状です。両目で見ると物が二重に見えてしまう「複視」になることも

  3. 痛み
  4. 目の奧が重苦しかったり、鈍い痛みを感じます。疲れが激しいときにはずきずきとした痛みを感じることもあります。

  5. 光の感じ方の違和感
  6. 疲れが蓄積してくると、ふだんと同じ照明なのに異常にまぶしく感じることがあります。まぶしい、までいかなくても普段より明るく感じることもあります。

  7. かゆみ
  8. かゆみは汚れが目の表面について目を刺激したり、傷つけえしまったりすることによって起こります。

  9. 目の乾き
  10. 長時間、細かい文字などを凝視したときに、目の乾きを感じることがあります。まばたきの回数が減って目の表面が乾きやすくなることが原因です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください